良い子供服を選ぶには|子供服にもオシャレさを追求!ベビー用品をチェック

服のテイストから自由に選べる

子供服には様々なブランドがあってそれぞれが抱えているイメージやテイストのラインナップが提供されています。子供に着せる服を探すときには、多くの商品のテイストを比較しながら子供に合うものを自由に選ぶことが可能です。

良い子供服を選ぶには

男の子

兄弟・姉妹・双子ちゃんでお揃いコーデも可能!

兄弟や姉妹、双子がいる場合にはそれぞれにどのような服を着せようかと悩んでしまうかもしれません。みんなに違う服を着せて個性を際立たせようとすると子供服選びには苦労してしまいがちです。お揃いコーデをするのは兄弟や姉妹の仲を良くするためにも良い方法になります。兄弟や姉妹なら体格も似ていて小さい頃は同じデザインの服を手に入れるのが比較的簡単です。双子にお揃いコーデを着せてあげると互いの似ている姿に共感を得てくれて仲良しになります。ただ、本当に似ているときには親しか区別がつかなくなるときもあるので注意しましょう。

着回しのきく子供服を買おう

子供服は成長に合わせて何度も買い換えなければなりません。何十着も購入してしまうとあまり着ていないのに捨ててしまうことになりかねないので、うまく着回しできるように購入するのが良い方法です。ボトムスとトップスのタイプを統一しておくとどのような組み合わせでも着られるようになります。ボトムスは無地のものを何種類か用意し、トップスは無地のだけでなくストライプなどのデザイン豊かなものにすると合わせやすいでしょう。組み合わせを変えてうまく着こなしていけば、いつも違う服を着ているかのように見せることができるのです。

オーガニック素材の服なら安心して着せられる

子供服を選ぶときにはオーガニック素材を選んでおくのも良い方法です。オーガニックコットンのように化学肥料や農薬などを使わずに育てた綿を使用して作られた素材を使っている服にしてけば安心できます。化学物質に対して繊細な子供もいるので、アレルギーなどが出てしまわないように予めオーガニック素材を選んでおくのは賢い考え方です。毎日着ていてすぐに体調などに悪影響が出なかったとしてもだんだんと蓄積していって影響が出る化学物質もあるので、小さい頃から被曝しないように気を使ってあげるのは親として大切なことと言えます。

ここがポイント!子供服選びの5つのポイント

少し大きめサイズを選ぶ

子供は急激に成長することが多いので少し大きめサイズのものを選んでおくと長く着られます。ワンシーズンでもう着られなくなってしまって弟や妹へのお下がりになってしまうということがないようにするためのポイントです。

首元が丈夫なものを選ぶ

子供は脱ぎ着をするときに首元を強く引っ張ってしまいがちです。それで生地が伸びてしまったり、破れてしまったりすることがあります。首元は丈夫な素材を使っていて、あまり飾りが付いていないものを選んでおくと長持ちします。

紐の存在に注意して選ぶ

子供服を選ぶときに気をつけておきたいのが紐の存在です。飾りのようで綺麗な紐もありますが、うっかり首に巻き付いてしまうトラブルが発生することがあります。同様にフードが問題になることも多いので気をつけなければなりません。

ボタンの数と大きさに注意

ボタンがあるとデザインとしても美しく見えますが、子供服の場合には年齢に応じたボタンの数と大きさのものを選ばないと着脱に苦労してしまいます。小さい頃はボタンがないものを選んでおいて段々と増やしていくのが無難です。

通気性を重視して選ぶ

子供は自分で暑さを感じて服を脱ぐということを覚えるまでに時間がかかるのが一般的です。通気性の高い服を通年で着るようにしておくとあせもなどの心配がなくなります。特に肌があまり強くない子供の場合には重要です。

広告募集中